ふるさと納税サイト「さとふる」「ふるさとチョイス」で新型コロナウイルス被害の経済支援!

ふるさと納税を使って、コロナウイルスで経済的ダメージを受けている事業者を応援するサイトが立ち上がっています。現在、ふるさと納税サイトの「さとふる」と「ふるさとチョイス」では、新型コロナウイルス関連支援の特設ページが設けられています。

【ふるさとチョイス】は被害事業者、研究開発、子育て支援など多岐にわたる支援ができます

新型コロナウイルス被害事業者向け支援

こちらは、新型コロナウイルスの影響を受けている事業者のお礼の品を受け取って支援するかたちです。

給食関連支援事業者支援

(東北)3月中旬に秋田県学校給食会に納入予定で準備していた比内地鶏が30kgキャンセルになった。

など、切実なキャンセルやイベント中止のメッセージが並んでいます・・・

 

外食関連事業者支援

(東北)コロナウイルス感染拡大により予約キャンセル等が相次いでおり、3月売上が前年比80%ダウンの状態。4月以降についてもキャンセルが出ている。

 

観光関連事業者支援

(中部)富士山人気で増加していたインバウンドもほとんど姿が見えず、国内の観光客もキャンセルが相次ぎ、市内では6000人ほどの宿泊キャンセルが出ています。大きな会場のあるホテルでは、大口のセミナー、研修会、この時期に多い各種学校の卒業謝恩会などイベントキャンセルの影響も出ています。ホテルは、食材や酒類、リネン類など他業者が関係する裾野が広い業界であるため、大変厳しい状況です。

 

花き関連事業者支援

卒業式や入学式、結婚式またコンサートなど様々なイベントが自粛され、
イベントを華やかに彩るお花の注文の多くがキャンセルになっています。
行事が多いこの時期の相次ぐキャンセルにより、花きに関わる事業者の売上に影響を及ぼしています。

Photo via https://www.furusato-tax.jp/

 

 

「検査技術の開発の支援」「医療体制整備への支援」

こちらは寄付金の使い道から寄付先の自治体を選べる「ガバメントクラウドファンディング®(GCF®)」で応援する方法です

感染症対策支援

神奈川県では、新型コロナウイルスの感染が急速に拡大する状況を踏まえ、「新型コロナウイルスの迅速検出法の開発」等、最先端テクノロジーを活用した先導的取組を次々と打ち出してきました。

最先端テクノロジーを活用した先導的な神奈川の取組が、世界中で感染拡大を続けるこの感染症の対策に大きな成果を生み出すために、神奈川県は関係機関と連携しながら全力で取り組んでいます。全国を先導して新型コロナウイルスと闘う神奈川県への応援をお願いします。

 

医療体制構築支援

佐賀県NPO支援×A-PADジャパンが医療体制の整備を目指す

感染拡大が続く新型コロナウイルス。2020年2月28日時点で国内での感染者は900人を超え、病院や診療所では深刻なマスク不足や、診療体制への懸念が高まっています。

A-PADジャパンでは、新型コロナウイルス感染症による肺炎の流行の拡大を食い止めるため、日本国内の病院や介護施設への医療物資の提供、待合室や診察室としてのトレーラーの貸与や備品等の提供を通じて、一人でも多くの命を救う取り組みを実施します。

 

児童クラブに通う親子支援

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、2020年3月2日から3月24日まで境町でも小学校・中学校が臨時休校となりました。そのため、急に会社を休めない保護者の子どもたちは、児童クラブに通わざるをえません。

現在、児童クラブに通う場合、保護者は児童クラブの利用料、子どもたちのお弁当作りなど負担がいつも以上に増えています。児童クラブに助けを求める親子の負担をなくすため、児童クラブを通じて子どもたちと保護者を支援します。

 

子供の居場所支援

佐賀県NPO支援 × 佐賀未来創造基金は、新型コロナウイルス感染症対策による全国一斉臨時休校に伴って市民団体等が実施する活動に対して助成を行います。

具体的には、マスク・アルコール消毒液等の衛生管理に係るものを、県内の子ども食堂に支給する等の支援を実施します。

 

「給食停止の影響で困っている、収入に不安を抱える子育て家庭を支援」

「自分のためでなく誰かのためになる」返礼品や、「社会貢献に繋がる」返礼品を紹介する
思いやり型返礼品プロジェクト「きふと、」を通じて応援する方法です

子育て家庭の食料・物資支援

全国で感染例が広がる新型コロナウイルス。
全国一斉休校により突然給食が停止。こども食堂等の中止による影響もあり、
収入に不安を抱える全国の子育て家庭にも影響が出ています。

ふるさとチョイスでは、「思いやり型返礼品・寄贈型(あしなが型)」の仕組みを活用し、
困っている家庭に直接支援の品を送ることができるプロジェクトを立ち上げました。

Photo via https://www.furusato-tax.jp/

 

【さとふる】は宿泊施設や飲食店・花の生産者のサポートが充実!

観光客激減で大打撃「さきに寄付」で応援!

こちらは、観光客が来なく資金繰りに困っている宿泊施設や飲食店の方に、先払いでお代を支払い、後日体験しに行くかたちです。

航空券付き宿泊施設プランや、水族館、乗馬、温泉施設、遊園地、飲食店コテージなど様々なタイプの寄付プランがありますよ!

 

新型コロナウィルスの感染拡大の影響で国内外からの観光客が激減し、地域の事業者は深刻な打撃を受けています。
終息の目途が立たないなか、宿泊施設、飲食店などは大変な苦境に立たされています。
そこで、ふるさと納税を通じた支援「さきに寄付」で地域を応援しませんか?

体験に先だって寄付決済し、送られてくるチケットを受け取り、地域を訪れる日を楽しみに待ちながら、新型コロナウイルスの終息後に実際に地域へ足を運んでいただく支援の形です。

ふるさと納税で、体験型のお礼品を申し込むと、地域へ訪れるタイミングではなく、体験チケットの発送をもって自治体から事業者に体験チケット代が支払われます。現在、来客数が激減している事業者には、先に代金が受け取れることが大変な助けになります。
ふるさと納税を通じた応援を、ぜひよろしくお願い致します。

※地域に足を運ぶ「体験型お礼品」の利用にあたっては、厚生労働省「新型コロナウイルス感染症について」に掲載される情報などにご留意のうえご判断いただくようお願いします。

via https://www.satofull.jp/static/corona_virus_oenkihu.php

 

▽こんな感じで北海道〜沖縄まで全国各地の観光地・温泉地などが掲載されています。

Photo via https://www.satofull.jp/

 

卒業式や入学式など春のイベント自粛で需要減少のお花を飾って応援!

日本の花生産者さんの努力は本当にすごいです。日本のお花の品種と形、美しさを長く保つその美しさを身近に感じてみてください!(筆者は花屋経験があるため、このジャンルについては熱いです🔥)

 

イベントの自粛や縮小、卒業式や入学式・結婚式などの中止で、たくさんのきれいな花がその行き場を失っています。また、花きに携わる事業者は需要の減少により大変な打撃を受けています。
さとふるは、農林水産省が始めた「花いっぱいプロジェクト」に賛同し、ふるさと納税を通じた応援・支援を開始しました。

たっぷりの愛情を注がれて育てられたきれいな花々を、皆さまのご家庭や職場に飾りませんか?
ふるさと納税を通じた応援を、ぜひよろしくお願い致します。

※「花いっぱいプロジェクト」とは、農林水産省が推進する家庭や職場での花飾りや花の購入促進の取組。

via https://www.satofull.jp/static/corona_virus_oenkihu.php