日本信号 社長経歴&日本信号製品がガチャガチャに!【がっちりマンデー】

信号機年間売上1000億を超える、街中の信号設備や電車の改札・安全柵など、数多くの形で毎日お世話になっている製品をつくっている会社「日本信号」ががっちりマンデーに登場!タカラトミーとコラボの「日本信号ガチャガチャ」も可愛いのでご紹介^^

 

2019.12.15 TBS がっちりマンデーに登場!

進藤晶子アナがスタジオに信号機が来たところを写真におさめられてました。床置きの信号機は。。すごい、シュールですね。。。

 

日本信号 現社長 塚本英彦さん経歴

生年月日:1958年9月15日 愛知県生まれ

実家が農業を営んでいた影響で、小さい頃は田んぼや畑仕事を良く手伝っていた。子供の頃から身近にあった車・バイク・無線機などの機械いじりが好きな少年で、叔父が経営していた会社では中学時代に工事を手伝うことも。

 

学歴:名古屋工業大学 工学部

名古屋工業大学工学部では、トランスやモーターについて学んだそう。

 

日本信号入社:1982年4月

入社後はじめは宇都宮工場の技術部に配属、先進的な取り組みを行うチームに入り、主として旅客搭載管理システムの開発に携わる。世界中の空港をつなぎ、ネットワーク化する大規模なプロジェクトは、世界初の取り組みとなった。

 

その後は営業に配属され、順調にステップアップされていったそうです。

・2005年5月 AFC事業部AFC営業部長

・2006年6月 執行役員

・2010年6月 取締役

・2014年6月 専務執行役員

・2015年4月 代表取締役副社長

・2016年6月 代表取締役社長

 

日本信号は隠れホワイト企業としても有名

日本だけではなく、海外でもインフラ設備納入をしている日本信号。需要は世界にまだまだたくさんあるはず。わかりやすく、街の中でより安全に過ごしてもらえる機械を作るお仕事って作り手にとってもやりがいがあると思います。平均勤続年数17.8年と長く働いている方が多いのも魅力的ですね。

 

▽駅の中だけでもこれだけの製品があるんですってー!

Photo via 日本信号ホームページ

 

日本信号監修の信号ガチャガチャ!

これ、かわいくないですか?ちょっとほしくなっちゃいました。そして、外国人にプレゼントとしてあげたい笑。

via オフィシャル街角公共物!日本信号ミニチュア灯器コレクション

>日本信号ガチャガチャの場所をさがす

信号は、光るんだそうですよ・・・!最近のガチャクオリティ凄すぎますね。様々な公共の場でお世話になっている日本信号さん。いつも安全に過ごせる製品を作ってくださってありがとうございます!今度、街中で見かけたら日本信号さん製作かどうか、チェックしてみたいと思います^^